Don't think!Feel!

室堂〜新穂高縦走(全日程暴風雨悲惨編)


b0229187_1665615.png

b0229187_1672132.png

距離50km 獲得標高上り3413m下り4742m

b0229187_16951.jpg


富山駅から富山地方鉄道に乗って立山まで

b0229187_16115497.jpg


立山駅
ケーブルと室堂までのバスチケットを購入

b0229187_16135213.jpg


ボク^^

b0229187_16152514.jpg



b0229187_16174713.jpg


バスに乗り換え室堂を目指す

b0229187_16181857.jpg


室堂着

b0229187_16184829.jpg


今年は雪が多いようでいきなり夏道がなくなってしまい地図とにらめっこして、あとは勘で道をさがしながら歩くことに…

b0229187_16221120.jpg


すでに景色はみえなくなってテンションあがらず…



b0229187_16255823.jpg

b0229187_16262015.jpg

b0229187_16264356.jpg


最初で最後の縦走路の景色。
b0229187_16273766.jpg

b0229187_1627572.jpg


テント泊の装備で来たけど無理せず小屋泊を選択。
b0229187_16301381.jpg


衣類を乾かせるのはありがたい。

b0229187_16312996.jpg


宿泊客は僕らだけ。
快適だった。

b0229187_1632365.jpg


楽しみにしていた薬師岳も黒部伍郎岳も物凄い暴風と雨とガスで修行のような道に…

b0229187_1636246.jpg


ホッとさせてくれる雷鳥。
今回は全部で20羽以上に会ったかな…
b0229187_16374426.jpg

b0229187_1638863.jpg


今回はほとんど巻き道が雪で通れない状態だった。
b0229187_16393274.jpg


稜線に出ても夏道が雪渓で隠れてるところがほとんどで勘をたよりに…
雪庇の下は崖なのでドキドキ

b0229187_16424868.jpg


ガスってるし…
雪渓の上なのでマルとかバツの表記もないのでドキドキ

b0229187_16451558.jpg



2,30メートルごとにおいてあるコイツが唯一の目印

b0229187_16464589.jpg


黒部五郎小屋に到着。
贅沢にもこの日も小屋泊決定

b0229187_16474483.jpg

b0229187_16481088.jpg


3時に出発。
この日も雨と暴風。

b0229187_16492575.jpg

b0229187_16494626.jpg

b0229187_16501363.jpg

b0229187_17244945.jpg

b0229187_16503128.jpg


下山直前の最後の最後で折れてしまった。
[PR]
# by hemingway55 | 2012-07-19 16:58 | Hiking

日光〜高崎ロングライド(日本ロマンチック街道いろは坂金精峠編)


b0229187_175583.png

距離150.4km 獲得標高上り1953m 下り2360m
b0229187_181934.png

今回もイヌイ氏と東武日光駅まで輪行していろは坂、金精峠をヒルクライムした後ロングのダウンヒルコースを満喫してきた。
b0229187_1102526.jpg


いろは坂
前回ヒルクライムした時と比べて短く感じた。
b0229187_1124714.jpg


明智平トンネルをぬけると中禅寺湖にでる。
今回は日光の観光地はすべてスルーすることにした
b0229187_1154943.jpg


竜頭の滝も上流を自転車に乗りながらみただけ
b0229187_1173015.jpg


戦場ヶ原
b0229187_1184387.jpg


ヒルクライム以外はほとんどイヌイ氏が前を走るのが暗黙のルールになってる。
写真はイヌイ氏の後ろ姿ばっかり^^
b0229187_1234356.jpg


ここから金精峠ヒルクライムがスタート。
コースのサイズはいろは坂の3/2くらい。
スタートして直ぐの直線の勾配は10%くらいあるけどそれ以降はそれほどでもなかったので想定していたより余裕だった。
b0229187_1372357.jpg


下りに入り高速移動開始。
道がしばらく凸凹で神経が疲れる。
b0229187_1392215.jpg


夏の丸沼高原スキー場
b0229187_1411653.jpg


吹割の滝
b0229187_1431568.jpg


b0229187_143563.jpg


沼田を通過
b0229187_1445298.jpg


高崎を目指す
[PR]
# by hemingway55 | 2012-07-07 01:48 | Bicycle

いばらきポタリング(常陸名瀑観光編)


b0229187_18271218.png

茨城県の袋田の滝まで先輩のイヌイ氏とポタリングに行ってきた。北関東の茨城には今までほとんど訪れた事がなくて連想する事と言えばヤンキー、納豆、水戸浪士、なまり……。まぁそんな感じ。だけど最近、自転車で訪れるようになってイメージが少し変わってきた。海も山もあるし自然豊かで良い所だなって^^
b0229187_18294941.jpg


3時間くらいかけて集合場所の勝田駅に到着。
茨城県はデカイ!
b0229187_18321273.jpg

b0229187_18334389.jpg

b0229187_1835545.jpg


竜神大吊橋は高さが100m長さは375mあり歩行者専用の橋としては本州一の長さを誇るらしい。
歩いた感じは普通だった。
b0229187_18383512.jpg

b0229187_18401327.jpg

b0229187_1841872.jpg

b0229187_18431263.jpg

b0229187_18434121.jpg

b0229187_1843583.jpg

b0229187_18441421.jpg

b0229187_18445652.jpg


袋田の滝に到着
b0229187_18451932.jpg


饅頭とお茶をいただく
b0229187_184717100.jpg

b0229187_18473731.jpg


日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」
b0229187_18482496.jpg

b0229187_18485693.jpg


自転車をバラして輪行バックにパッキング
b0229187_1853121.jpg


JR水郡線と僕 
ロンドンの鉄道のカラーリングが似てる
[PR]
# by hemingway55 | 2012-05-25 18:55 | Bicycle

トウキョウウラヤマトレイル(新緑のブナの森縦走編 )


b0229187_1241026.png

距離66.7km 獲得標高上り4171m 下り4174m
b0229187_125476.png




今回は高尾山口駅をスタートして笹尾根を通って三頭山非難小屋で一泊。翌日、奥多摩三山、御岳山を経由して最後は金比羅尾根を通って武蔵五日市駅までを一泊二日で縦走してきた。陣馬山以降の八割は「日本山岳耐久レース」のハセツネのコースなので多少のアップダウンあるけど良く整備されたトレイルで歩きやすくとてもよかった。三頭山、大岳山、御前山ってひとつひとつの存在感は百名山なんかと比べるとかなり劣るけど奥多摩三山として山域を一括りにすると存在感がものすごく増すなって思った。とくにこの時期、奥多摩湖を見下ろしながら歩く新緑のブナの森の奥多摩三山は雲取山と同等、もしくはそれ以上で東京を代表する素晴らしい山だなって思った。


b0229187_8394244.jpg


早朝の高尾のケーブル駅前
さすがにこのケーブルに乗った事はまだない
b0229187_1263791.jpg


いつも通りの穏やかな顔で見送ってもらう
行ってきます!

b0229187_841052.jpg


毎度おなじみの6号路

b0229187_1284593.jpg


良い天気でテンションMAX

b0229187_1295032.jpg


富士山は何回もみているはずなのに毎回立ち止まってしまう

b0229187_842825.jpg


b0229187_132967.jpg


一見健康そうに見えるがココにいる人々は心に傷を負った重傷の人達で、年間1000万人を超える巡礼者が国内だけでなく、世界各地からこの山に集まるという。それほどこの山が神聖視されるのはなぜなのだろうか?
そう、ココには今日もブレずに下ネタ全開の10代君が鎮座しているからだ。
陣馬山はポジティブの神ジュウダイクンの非常に変態的面が象徴化された場所でもある。
少し巡礼者の様子を見ていると、
今年の夏の電力不足の不安に耐えきれずカップラーメン、おにぎり、サンドなどを食べ耐えしのいでいる人もいた。
円高恐怖のあまり酒を飲んで紛らわすオジさん達の集団とかもいた。
崇めた後元気になり過ぎて走りだして帰る夫婦なんかもいた。
10代君はレッドブルより効くかもしれない



b0229187_134570.jpg

b0229187_1342139.jpg


陣馬山に鯉のぼりって結構似合ってた。

b0229187_1354063.jpg


和田峠でヒルクライマー達が休憩していた。

b0229187_1371874.jpg

b0229187_1374179.jpg

b0229187_138429.jpg


三頭山非難小屋に到着

b0229187_1394384.jpg


どうやら貸し切り!特にテン泊にこだわりがないのでココに泊る事にする。


b0229187_1403621.jpg


設営しなくてよいので寝床は3分で完成

b0229187_1444710.jpg

b0229187_1452985.jpg


食事をすませて地図を眺めながらまったり。だんだん暗くなってきた。

b0229187_147967.jpg


食後直ぐに爆睡。深夜2時頃、目が覚めてしまい特に急いでいる訳ではないので出発は夜明けまで待って読書する事にした。


b0229187_8425455.jpg


ついつい本の世界に入り過ぎて日の出が4時半だというのに5時過ぎに出発。

b0229187_8432542.jpg


三頭山からは鞘口峠にひたすら向かってそこから先も名前の付いた細かい道がたくさんあるので御前山方面に行く場合は迷わず「里山の道」を選択。
b0229187_1564730.jpg



b0229187_1541111.jpg


朝のブナの森のトレイルは歩いていてとても気持ちいい



b0229187_1595793.jpg


b0229187_202619.jpg


月夜見駐車場から少しの間はトレイルの幅がスキー場のゲレンデのように広い。

b0229187_271886.jpg

b0229187_273867.jpg


最近じゃないか!と思いつつ、熊だってウロウロ移動しているんだし通行止めにしても意味のないような気が( ꒪⌓꒪)…

b0229187_849493.jpg


奥多摩湖
b0229187_2114483.jpg

b0229187_212134.jpg


御前山避難小屋

b0229187_2124599.jpg


快適そう

b0229187_2133983.jpg


非難小屋の近くの水場。そのままで飲むのは危ないとか聞いたことあったけど、全く問題なかった。

b0229187_2162966.jpg

b0229187_8494526.jpg

b0229187_850015.jpg


視力が上がるんじゃないかと思うほどの緑
b0229187_2183017.jpg


御岳山には神社への参拝客用の宿とか店が数軒ある。住所シンプルだなぁ
b0229187_8511418.jpg


日の出山山頂
あとは金比羅尾根を下るだけ
b0229187_2221720.jpg


b0229187_8522361.jpg

b0229187_2224367.jpg


金比羅尾根はフラットでとても歩きやすいのだけど、その分標高が下がらないので永遠とつづくような気がしてきて、こんな長かったっけ?と思った。

b0229187_226063.jpg


やっと五日市の街が見えてきた

b0229187_227116.jpg


b0229187_2483950.jpg


ゴール!
[PR]
# by hemingway55 | 2012-05-16 02:28 | Hiking

Cafe (バリスタマシン系限定vol.3)



THE MONOCLE CAFE
パッと見は良くありがちな普通のお洒落なカフェなんだけど出される珈琲のクオリティーはとても高い。
店内もゆったり静かなので近くで本買ってここで読むとか良いと思う。
有楽町 阪急MEN'S TOKYOの地下1階にあって穴場かも。

b0229187_16221498.jpg

b0229187_16222586.jpg

b0229187_16223820.jpg

b0229187_16225142.jpg


マシンは LA CIMBALI
b0229187_16232449.jpg
b0229187_1623589.jpg



ESPRESSO FELICE ROASTER
雑司ヶ谷にあるエスプレッソの専門店。
最近は焙煎に力を入れているらしく営業時間も変則なので行くのだったら調べてからが良いと思う。
ココのエスプレッソはホントうまい!
b0229187_16282063.jpg

b0229187_1629588.jpg
b0229187_16285036.jpg

b0229187_1630273.jpg


マシンは実際に大会で使用されたLA MARZOCCO
b0229187_16294836.jpg


猿田彦珈琲
恵比寿にある猿田彦珈琲
ここはホント珈琲一杯で幸せな気分にさせてくれるトコだと思う。笑顔で心地よい接客がとても良く珈琲もうまい。何度も行きたくなる店。
b0229187_16382646.jpg

b0229187_1638489.jpg


マシンはSYNESSO 社
b0229187_163976.jpg


NOZY COFFEE

モダンな造りの三宿のお店。
テイクアウトして近所のシニフィアンシニフィエでパン買って世田谷公園でっていうのもありかも


b0229187_16425632.jpg

b0229187_16435735.jpg

b0229187_16444024.jpg

b0229187_16445428.jpg


コーヒーを焙煎しているので店内は珈琲のとても良い香りがする。
b0229187_16451933.jpg

b0229187_16453197.jpg


b0229187_16455739.jpg

b0229187_16461624.jpg


マシンはSYNESSO 社
b0229187_16463155.jpg

b0229187_16465014.jpg


店内で飲む場合bodumのグラスで提供される。
b0229187_1647896.jpg


b0229187_16472136.jpg

[PR]
# by hemingway55 | 2012-05-04 22:17 | Lifelog

奥武蔵縦走 (定番ルート+α編)


b0229187_9411680.png

距離24.0km 獲得標高 上り1718m 下り1909m
b0229187_1015160.png

芦ケ久保駅ー二子山雌岳ー二子山雄岳ー焼山ー蔦岩山ー武川岳ー前武川岳ー山伏峠ー伊豆ヶ岳ー古御岳ー高畑山ー天目峠ー子ノ権現ースルギー板屋の頭ー前坂ー大高山ー天覚山ー東吾野駅


最初は一般的に奥武蔵主脈と言われる正丸峠より西側の尾根筋を歩こうと思っていたのだけどスタートかゴールに武甲山を加えるとどうしてもアクセスが悪いので何度か歩いたことのある定番の正丸駅から伊豆ヶ岳、子ノ権現、吾野駅までのコースに奥武蔵中堅クラスの二子山、武川岳を加え、さらに飯能アルプスの一部を歩くことにした。

b0229187_9444075.jpg


鮮やかな新緑

b0229187_9462299.jpg


どんよりとした天気

b0229187_9474020.jpg


歩きやすいトレイル

b0229187_9482041.jpg


蔦岩山からの二子山

b0229187_9521518.jpg


1度だけ以前登ったことのある武甲山。
断崖絶壁の奥武蔵の盟主。
断崖をなす石灰岩層はセメント用に採掘が進み痛々しい。

b0229187_9592717.jpg

b0229187_1001491.jpg


桜の花がまだ咲いてた。
b0229187_100033.jpg


b0229187_1014359.jpg


子の権現のマッチョなアニキ達

b0229187_1024312.jpg


この山知っているヒトは相当なマニアック

b0229187_1041334.jpg


b0229187_1043231.jpg


スタート地点の芦ケ久保駅に停めてあるバイクをとりに東吾野駅から下り電車に乗って戻る。
[PR]
# by hemingway55 | 2012-05-02 10:06 | Hiking

禅的ランニング



b0229187_4365074.jpg

走ることから人生について学ぶことが書かれている。走ることはサイズこそ小さいが人生そのものであり始まりがあって終わりがある。あちこちに乗り越えるべき障害が待っていて良い日もあればワルい日もある。人を追い抜き追い越され、そして力を試され挑戦して失敗したり成功したりと失望感があり達成感がある。もう絞っても何も出ない日もあれば、このままどこまでも行けると思う日もある。複雑な人生と比較し相対的にはシンプルなランニングを通じて「気づき」「正精進」「瞑想」「中道」「無常」などの禅の概念が学べる一冊だった。
[PR]
# by hemingway55 | 2012-05-02 04:41 | Book

Seconds Of Beauty

筆記用具ブランドMont Blanc主催の「One Second Film Festival」に応募された「1秒作品」の映像集。

それにしても1秒という世界って…
その限られた短い時間の儚さとその美しさ。
感じようとさえすれば色んな事が伝わってくる物凄い情報量。
1秒ってすごい…
2st round compilation

3st round compilation

4st round compilation


[PR]
# by hemingway55 | 2012-04-09 20:58 | Lifelog

利根川ロングライド (坂東太郎狂犬暴風編)


b0229187_19143648.png

距離130.2km

今回は先輩のイヌイ氏と犬吠埼まで利根川沿いをロングライドしてきた。
利根川が近い千葉県我孫子市の常磐線天王台という駅まで輪行して行ってスタートする事にした。
昔、霞ヶ浦一周した時と同じで景色がほとんど変わらないので……途中飽きてしまった。

b0229187_19193417.jpg


ひたすら同じ景色なので恐ろしく退屈。おまけに超強風。

b0229187_19211710.jpg


利根川沿いのコンビニでエネルギー補給。
バーンは最近レッドブルよりお気に入り。

b0229187_19233462.jpg


銚子まであと50km

b0229187_1930866.jpg


銚子港の近くのお店で昼飯
メカジキのカマは油がのって濃厚な甘さでおいしかった。しかもデカイ!

b0229187_193225.jpg


アブラボウズの漬け丼
この魚は加熱調理したらもっと美味しいなって思った。煮付けが食べたい

b0229187_19335226.jpg


食後、犬吠埼を目指す

b0229187_19345572.jpg


犬吠埼が見えてきた

b0229187_19355042.jpg


世界灯台100選にも選ばれた犬吠埼灯台
富士山のような高地や離島を除けば日本国内で最も早い初日の出を拝むことができる犬吠埼


b0229187_19392312.jpg


犬吠埼とロカ岬の友好記念碑。
以前ユーラシア大陸の最西端ロカ岬に行った事があったので、へぇ〜って驚いた。ポルトガルが懐かしい。

b0229187_19402256.jpg


温泉に入ってから銚子駅を目指す

b0229187_19411675.jpg


ゴールの銚子駅

b0229187_19421191.jpg


ビックリするくらい幻想的で美しい夕日だった。
[PR]
# by hemingway55 | 2012-04-07 19:43 | Bicycle

INTO THIN AIR


去年Twitterでフォローしている方のtweetで知ったこの動画をもう何度も見ている。ロードバイクには乗っているけどマウンテンバイクの経験はないのでバイクでの山旅はホント憧れる。6:33くらいからの食事のシーンの映像はとっても素敵ですっかり影響されてしまい最近ソロで行く時はパンとチーズと珈琲というのが定番になってしまった。
[PR]
# by hemingway55 | 2012-03-23 02:33 | Bicycle