Don't think!Feel!

Ultra light


Hiker's Depotのホームページの一文にb0229187_18452565.gif自然回帰というアウトドアカルチャー本来の出発点であり、それを純粋なカタチで追求することだったのではないでしょうか。というのがあるけど、僕は原理主義的なウルトラライトハイカーではないので、そこまで大それた意識は特に持っていない。避難小屋とかもガンガン利用してるし。僕は普通のハイカーであり、ただULの良い所は積極的に取り入れていこうとは常々思っている。僕の考えるULとは軽さの勝ち負けとかではなく長時間、長距離を楽にできれば速く歩き、より良く自然を感じる為の手段の1つに過ぎないって考えている。もちろん長時間、長距離を歩いた者が偉いとかでもない事も理解しているつもり。高価な道具を身にまとっているだけで実力が恐ろしく伴っていないヒトたまに見かけるけど、それはどうかと思うが…道具をコレクションすることも確かに楽しいけど、道具は所詮道具。コレクションして満足してしまうなんて勿体ない!道具はフィールドで使ってなんぼってこと。beyond氏が以前ツイートしていた言葉でハイキングもトレランも、距離とか難易度とかではなくて、自然とのコネクションをいかに楽しむかが重要。自由と自然への感謝を感じる素晴らしい時間。自分には礼拝ともいえるかもしれない。このツイートにはホントに感銘をうけた。山の中をひたすら歩き、修行をする修験者。頭巾は水飲むコップ、時にはヘルメット。錫杖はトレッキングポール代わりで時には武器。袈裟と篠懸なんか速乾性に優れた麻素材だし。螺緒はザイルにもなる。法螺貝は無線またはホイッスル。手甲はグローブ。足袋はある意味ベアフット 。僕は自然崇拝のアニミズム的信仰は特に持ってないけど考えようには山岳信仰の山伏なんかも、ある意味ULハイカー。究極的には精神を軽くする事も含めて身体を鍛える事もULなんじゃないかな。やっぱし、UL道は深い。レイ ジャーディンの著書も今度読んでみるとするかな。
[PR]
by hemingway55 | 2011-06-24 18:48 | Lifelog