Don't think!Feel!

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

京都一周トレイル 


b0229187_13275343.jpg

京都には京都市を一周できるトレイルがあって、京都の東南,伏見稲荷から,比叡山,大原,鞍馬を経て,高雄,嵐山,苔寺に至る全長約70キロのコースが整備されている。今回は伏見稲荷から比叡山までの東山コース24.6kmを歩く事にした。地図は京都駅の観光案内所で購入。東京でも東京駅八重洲中央口の京都市のアンテナショップで購入できるようだ。

b0229187_13305736.jpg


伏見稲荷からスタート
伏見稲荷大社は全国にある稲荷神社の総本宮。
鳥居のトンネルのようになっている千本鳥居を登りきると京都が一望できる。




b0229187_13385419.jpg


トレイルとは言っても途中、民家の横を通るし車道の脇を通ったりするので、だんだんテンションが下がってきた。



b0229187_13441346.jpg


南禅寺の三門。別名「天下竜門」と呼ばれ日本三大門のひとつ。
この後テンション下がりまくって飽きてしまいトレイルルートの大文字山にはのぼらず哲学の道を歩いて銀閣寺で観光に切り替えて敗退。
この道は秋とかに歩いた方が良さそうって思った。
気が向いたら延暦寺をめざして、また歩いてみようと思う。
てか、京都が鎌倉くらいに近かったらなぁ〜
[PR]
by hemingway55 | 2011-08-20 14:02 | Hiking

黒部の山賊

b0229187_1864674.jpg


三俣山荘の伊藤 正一さんの著書。
黒部の源流にすむ山賊……
つまり猟師たちの話。
昭和の北アルプスの状況や北アルプス最奥の地で起きた様々な事件や出来事、山ならではの怪談なんかも書かれていて、どきどきしながらサクッと読めてしまう作品。
北アルプス裏銀座、雲ノ平に行った事ある人、これから行こうと思っている人に是非読んでほしいと思う。
表紙の畦地 梅太郎さんの作品もとっても良い。
[PR]
by hemingway55 | 2011-08-19 18:08 | Book

北アルプス裏銀座縦走 (雲ノ平 高天原温泉)


今回はソロではなく昔からの相棒のオシオ氏と裏銀座縦走を2泊3日で行ってきた。
初日こそ天気は微妙だっただけで後は最高のハイク日和だった。
痛めている左足首の調子が良くなかったので久しぶりに登山靴で出動。
重たかったけど…

b0229187_1584280.jpg

バス会社のミスで信濃大町下車のはずが白馬まで行ってしまい電車でもどり3時間ロスしてしまった。
高瀬ダムまで信濃大町からタクシーで7900円。



b0229187_1514997.jpg


高瀬ダム調整湖に到着。狂ってしまった日程を調整。天気もどんよりでテンション上がらず…


b0229187_0415974.jpg


とりあえず強引にテンションを上げ出発




b0229187_15193385.jpg


薄暗いトンネルを歩き登山口をめざす。トンネルの中は涼しいと言うより寒かった。



b0229187_15223411.jpg


ブナ立尾根を登り標高をあげ烏帽子小屋をめざす。暑くてフーディニを脱ぐ。



b0229187_15302529.jpg


オシオ氏のテンションがあがってきたようだ。とてもロンドン大学でMBA取得した奴には思えない。



b0229187_15362957.jpg


標高も1000m 位上がってきた。高瀬ダムが小さくなってきた。
b0229187_1465586.jpg


b0229187_044372.jpg


烏帽子小屋に到着





b0229187_15422658.jpg


烏帽子小屋を越え野口五郎岳をめざす。途中弱いシャワーの様な雨が数回降ってきたためレインウエアをきる事にした。
b0229187_1473968.jpg




b0229187_1546434.jpg


野口五郎小屋に到着。5分で出発。
b0229187_149059.jpg




b0229187_15491648.jpg


真砂岳手前でビバーク。今回はツェルトをチョイス。
b0229187_149355.jpg




b0229187_1819227.jpg


うっすら明るくなってきた。


b0229187_141097.jpg


寝坊して4時過ぎに出発。さわやかな朝と言いたいが稜線は恐ろしく風が強かった。

b0229187_14103486.jpg

b0229187_14105668.jpg

b0229187_15513657.jpg




b0229187_1557266.jpg


水晶小屋が見えてきた。



b0229187_18201567.jpg


東沢谷 読売新道もいつか歩いてみたい



b0229187_15593937.jpg


水晶手前の赤岳



b0229187_162617.jpg


ここを越えると水晶小屋



b0229187_18221721.jpg


水晶小屋で補給するオシオ氏



b0229187_1644340.jpg


水晶小屋の人の話を聞いて高天原には読売新道からではなくワリモ分岐から入る事にした。



b0229187_1651793.jpg


この道は本当にすばらしくて水晶岳の人気の理由がわかった気がした。
写真には写ってないけど雲ノ平も一望できる
b0229187_14142820.jpg


雲ノ平



b0229187_1654734.jpg


ワリモ分岐  まっすぐ行くと雲ノ平 左に行くと鷲羽、三俣蓮華。僕らは右折して高天原温泉へ



b0229187_1624616.jpg


雪渓から水を補給。
b0229187_14145729.jpg

b0229187_14154510.jpg




b0229187_16262188.jpg


高天原温泉到着 
高天原小屋に荷物をデポして温泉へ 往復で30分くらい



b0229187_184025100.jpg


山賊達が裸でウロウロしている
b0229187_14184786.jpg

b0229187_1419866.jpg



b0229187_16295458.jpg


気持ち良さそうなオシオ氏
b0229187_14161994.jpg

b0229187_14164834.jpg



b0229187_1631585.jpg


高天原を出発。雲ノ平を目指す



b0229187_16341066.jpg


高天原からの急登を登りきり雲ノ平に到着



b0229187_18422168.jpg


新築の雲ノ平小屋前でサイダーで乾杯
b0229187_1419343.jpg

b0229187_14195768.jpg




b0229187_16362650.jpg


雲ノ平のテン場



b0229187_16372544.jpg


時間がないので雲ノ平を後にする。幕を張る予定地の三俣蓮華を目指す。


b0229187_14202342.jpg

b0229187_14205340.jpg

b0229187_18241512.jpg


三俣蓮華テン場  この日は14時間歩いて疲れたので速攻爆睡。


b0229187_1422779.jpg


三俣蓮華を3時に出発。

b0229187_16394567.jpg


朝日が神秘的だった。



b0229187_1845417.jpg


双六で休憩



b0229187_18565943.jpg


鏡平小屋はそのままスルー



b0229187_18475010.jpg


槍と穂高 ゴールの新穂高温泉に10時過ぎに到着した。
b0229187_14223866.jpg




b0229187_16483010.jpg


クリック拡大

距離    44.1km

獲得標高  上り:3260m
      下り:3439m
[PR]
by hemingway55 | 2011-08-17 16:51 | Hiking