Don't think!Feel!

表丹沢縦走

b0229187_175525.png
距離 13.7km 最大標高差 1203m 獲得標高上り 927m 下り 1401m(クリック拡大)


久々の丹沢。小田急秦野駅からバスでヤビツ峠まで行き、そこから塔ノ岳を目指しバカ尾根と言われる大倉尾根を下る丹沢のクラシックルートを歩いてきた。このルートは初めて縦走をした思い出のルートで当時は友人と適当な装備でグレゴリー デイ&ハーフを背負って「おっ鎖場だ」なんてドキドキしながら歩いたのが懐かしい。今回はソロで音楽聴きながらのんびり歩く予定だったのだけどテンション上がってグングンペースをあげて歩いてしまい1時間45分で塔ノ岳についてしまった。それにしても毎回くるたびにトレイルの整備が進んでいて驚く。整備され過ぎってのもちょっと考えてしまうけど。
b0229187_183364.jpg


前日、大急ぎでパッキング。結局サッカー五輪代表戦を見てしまい寝坊してしまった。
b0229187_1875684.jpg


バスに乗って車窓を見ているとヤビツは自転車のヒルクライムの定番コースなのでヒルクライマー達がたくさん頑張っていた。
b0229187_18133366.jpg


湘南の海岸が見える
b0229187_18102043.jpg


表丹沢ルート 写真右上の一番奥の塔ノ岳を目指す
b0229187_1814369.jpg


トトロの道
b0229187_18153833.jpg


塔ノ岳のピークに到着。何気にこの奥にある丹沢山には一度も行った事がない。
b0229187_1822568.jpg

b0229187_18233366.jpg


富士山みながらのランチ 
b0229187_18271492.jpg


紅葉がまだ少しだけ残っていた
[PR]
# by hemingway55 | 2011-11-24 18:28 | Hiking

淡路四国広島ポタリング (しまなみ海道)

b0229187_14352848.png


先輩のイヌイ氏と四国愛媛・今治と広島・尾道を結ぶ瀬戸内しまなみ海道をメインに電車、バス移動も含め距離499.1kmをポタリングしてきた。自転車も運んでくれるバス会社の関係で神戸スタート。新宿〜神戸〜淡路島〜高松〜琴平〜今治〜しまなみ海道〜尾道〜広島〜羽田を3泊4日の強行日程。(いつもの事なんだけど)
b0229187_13571630.jpg


今回は荷物をなるべく減らすためクリートカバーをつけてサイクルシューズで移動する事にした。
b0229187_1414298.jpg


関西地方は雨予報だったけど朝はいい天気で一安心 
みごとな朝焼け
b0229187_1434043.jpg

六甲が見えてきた
b0229187_1443673.jpg


神戸〜淡路間のフェリーが運行してないので淡路島にはバスで上陸
b0229187_1464897.jpg


バスを降りて荷物を棚に置き忘れた事に気がつき青ざめる。
終点のバスターミナルまで取りに行くはめになる。
b0229187_1410294.jpg


淡路島ポタリングスタート
景色は筑波山周辺にそっくりで笑った
b0229187_14124142.jpg


なにげにアップダウンのあるコースで汗をかいた。
鳴門大橋が見えてきた
b0229187_14142420.jpg


四国初上陸
b0229187_1417424.jpg


鳴門海峡
b0229187_1419820.jpg


想定外のヒルクライム&ダウンヒルの絶景コース
b0229187_14212051.jpg


海沿いを走り高松をめざす
b0229187_1355884.jpg


ハラが減りすぎてお互い口数がへりはじめる。
最初にみつけたうどん屋に入ったら恐ろしくマズくてある意味びっくり!讃岐のうどん屋はすべておいしいと聞いていただけにショックをうける。
b0229187_1357240.jpg


宿に到着。一人部屋で最高に快適だった。
b0229187_13585783.jpg

阿波牛
b0229187_13591369.jpg

ノドグロ

夕飯はウマすぎて昼食ったうどんを忘れる事ができた。
b0229187_14332026.jpg


普段バスローブなんて滅多に着ないので記念に一枚
b0229187_14345445.jpg


今にも降り出しそうな天気の高松駅
b0229187_14361274.jpg


四国のJRのカードはイルカ
b0229187_14373497.jpg


特急で琴平へ
b0229187_14383052.jpg


琴平到着
b0229187_143914100.jpg


雨が降り始める
自転車を駅にデポして金刀比羅宮へお参り
b0229187_1441291.jpg


1365段もある金刀比羅宮の階段。
b0229187_14444564.jpg


特急に乗り換える多度津駅までローカル線で移動
b0229187_14463295.jpg


多度津に到着。
今治行きの特急を待つ
b0229187_14475791.jpg


今治でおいしい讃岐うどんを食べることができたが、ここは愛媛県。
いつかまた香川にきた時はリベンジしたい。
b0229187_14144476.jpg



しまなみ海道(クリック拡大)
六つの島をこえて尾道をめざす
b0229187_14541025.jpg


しまなみ海道スタート
b0229187_15155110.jpg

b0229187_15174159.jpg

b0229187_1458539.jpg

b0229187_15181938.jpg


伯方の塩で有名な伯方島で食べたみかんゼリーは濃厚でおいしかった
b0229187_15195627.jpg


どの島にも造船所があった
b0229187_14571167.jpg


みかん、伊予カン、レモン畑がいたるところに
b0229187_1521773.jpg


b0229187_15232655.jpg


拍子木が備え付けられてて残響の長さは鳴き龍が聴けるお寺などとは比べ物にならないくらい響いた
b0229187_15271848.jpg


ちょうど愛媛と広島の県境できれいな夕日が
b0229187_15284229.jpg

b0229187_14574461.jpg

b0229187_15342952.jpg


なんかの花粉のアレルギーで鼻水止まらず後半はずっとティッシュつめっぱなし
最後はフェリーって言うか渡し船で尾道上陸
b0229187_15372084.jpg

b0229187_1455447.jpg

b0229187_15392312.jpg


尾道らーめん
b0229187_15401912.jpg


朝の尾道駅
b0229187_15413280.jpg


輪行バックにパッキング
b0229187_15435113.jpg


山陽本線で広島へ
b0229187_15445513.jpg


車窓からはずっとこんな感じ
b0229187_15475718.jpg


広島到着
荷物を宿にデポして宮島へ
b0229187_15492515.jpg


フェリーで宮島へ
b0229187_1550107.jpg


自転車は100円増し
b0229187_15505965.jpg


宮島名物 あなご飯
b0229187_14563419.jpg


有名な鳥居
b0229187_15532051.jpg


厳島神社
b0229187_15535643.jpg


できたてホヤホヤ
b0229187_15544866.jpg


新しい広島市民球場の MAZDA Zoom-Zoom スタジアム
b0229187_15563694.jpg


赤ヘルローソン
b0229187_140727.jpg


原爆ドーム
b0229187_15582974.jpg


ホテルのコンシェルジュにすすめられたお好み屋  二時間待ってやっと入店。

b0229187_14584017.jpg


朝は喫茶店でモーニング 
サイホンは見てるだけであきない
b0229187_16134962.jpg


朝食をすませ平和記念公園へ
b0229187_16155851.jpg


古い車両はノスタルジックでいいね
b0229187_1405861.jpg


平和記念公園
b0229187_15224729.jpg


広島平和記念資料館 建築家 丹下健三が設計

b0229187_1617445.jpg


昼は最後のお好み焼き
b0229187_16181069.jpg


帰りは飛行機
羽田まで1時間
[PR]
# by hemingway55 | 2011-11-17 16:19 | Bicycle

(゚Д゚)ウママママ...

b0229187_17142939.jpg


料理を作って誰かに食べてもらったり、お店に食べに行くのも好きでたまに調べて予約して行ったりする。いっつも思う事は「おいしい」って実のところなんなんだってこと。理屈では、グルタミン酸がどうたらこうたらとか、「おいしい」って感じる快感は体が欲している栄養素だったりエネルギーだったりなどを積極的に摂取するための生理作用って事はわかる。けど、何を「おいしい」と思うかはその人のそれまでの食体験だったり生い立ち、大げさに言えば人生によっても変わるだろうし個人が主観的に評価するものだから結局のところ曖昧。かと言って大勢の人が「おいしい」って感じる物はだいたいおいしいし、マズいって感じる物はだいたいマズい。やっぱり共通の基準ってあるはず。周波数、黄金比とか数値化されていて基準がある美術、芸術、音楽なんかでも、やっぱり「感性」が絡んでくるものって無知でも大雑把に良いとか悪いとかはわかるけど、何となくまでしか説明できない。そこから先の精度なんかは、今まで鑑賞してきた量が多いほど高くなるような気がする。そう考えると感性って場数を踏めば鍛えられるのかな。美食家なんて言われてる人ってたぶん知的好奇心が高はず。「おいしい」って感じる快感も感性を鍛えることによって上がればいいと思う。これから先も「おいしさ」って数値化できないと思うし、されてはいけない物なのかな。なんだか宗教みたいな結論になってしまった。
[PR]
# by hemingway55 | 2011-11-04 17:30 | Lifelog

accuweather.com


単独行なんかだと当日あまりにも天候が悪い時なんか中止って直ぐに決断できるけど希望公休とか有給休暇を使ったりして交通機関のチケット予約済ませてしまった後や、せっかく仲間と予定を合わせていた時なんかキャンセルなんて直ぐにできない。予定が決まってからは天気は神頼み。
せめて天気予報がもう少しわかっていればなんて思って調べても週間予報しかない!
なんで……?
なんて思っていたら昭和27年に定められた気象業務法施行令なんてものがあって7日以上の期間の予報を出してはいけないらしい。
しょ…昭和27年だと?
なぜそんな時代の法令が……
b0229187_1113499.png

しょうがないので諦めかけてたら海外のサイトで15日後までの予報がわかるaccuweather.comなんてのがあった。
検索バーに都市名と国名をいれるだけでカンタン。
iPhoneのアプリもあった。
これで少しだけ予定が立てやすくなるはず!

b0229187_11193283.jpg

[PR]
# by hemingway55 | 2011-11-03 11:24 | Lifelog

Hariyama Productions

b0229187_7145361.png


hariypro氏に先月八ヶ岳行った時見せてもらった自作のHariyama Productions front pouch&caed case を作ってもらった。
b0229187_953248.jpg


front pouch
b0229187_717786.jpg


仕切りがあって使いやすい!
b0229187_7181674.jpg


マップもいちいち出さずにみれて便利
b0229187_719508.jpg


caed case
[PR]
# by hemingway55 | 2011-11-03 07:27 | Equipment

東京ごはん映画祭

b0229187_2294412.jpg




東京ごはん映画祭に行ってきた。
息もできない」をなんの予備知識もないまま鑑賞。
こころの中ではご〜はん!ご〜はん!なんて感じでワクワクしながら上映開始。
しかし、いきなり女性を男が殴りつけるシーンから物語がはじまる…
しかもグーで!
ボコッ!ベキッ!バキッ!というおぞましい音がこれでもかと続く。
全編にわたって『クソ野郎!』『クソアマ!』
汚い言葉が連呼され、おいしいごはん映画を想像していた僕は愕然とする。
暴力反対とか一概にこの4文字で簡単に片づけることはできない内容。
この作品はとにかく、もうインパクトって言うか破壊力が半端じゃない!
しかも監督のヤン イクチュンは脚本、主演、製作、編集すべて自分でやっていて資金不足に家まで売って作ったとか。
これが長編デビュー作とはビックリ。
簡単に良い映画とは言えない作品だけど観れて良かったって作品だった。
もちろん観賞後には食欲なんて湧いてこなかったけどね。
[PR]
# by hemingway55 | 2011-10-26 22:14 | Lifelog

垂直の記憶


b0229187_1555595.jpg

幾重にも恐怖を経験しても、それでも山の魅力から離れられない。ある意味マウンテンジャンキーの山野井さん。たくさんの指を失ってしまったけど、現在でも僕の中では日本のトップクライマー。
この本のハイライトは、山野井夫妻が両手両足の指を失うこととなったギュチャンカン北壁からの生還した時の極限状態での夫婦愛とは何かを、リアルに描写している。
[PR]
# by hemingway55 | 2011-09-15 15:56 | Book

八ヶ岳縦走 オーレン爆裂編


八ヶ岳を縦走してきた。
天候にも恵まれ普段のドM日程ではなく、一泊二日ののんびりハイクを満喫。
b0229187_16235626.jpg


赤岳山荘に車をとめハイクスタート
夏の陽気
b0229187_14183868.jpg

b0229187_14192322.jpg

b0229187_1419531.jpg


b0229187_14204827.jpg

b0229187_14211971.jpg



b0229187_16271282.jpg


ゆっくり歩いてきたはずだったが、恐ろしく早くオーレン小屋に到着。
カラフルな酔っぱらい。

b0229187_14214937.jpg

b0229187_14221091.jpg

b0229187_14223266.jpg

b0229187_14225372.jpg


b0229187_16301517.jpg


質実剛健装備のケンタロウ氏が到着&合流。
各自寝床を作り始める。
ケンタロウ氏がテント
hariypro氏がタープ
hru_hike氏がツェルト
僕は幕は持ってきたけど張らずにシートで寝る事にした。



b0229187_16384650.jpg


夜空の下で寝るのは最高の贅沢。



b0229187_16435583.jpg


am3:00過ぎ各自出発の準備を開始始める。



b0229187_16455042.jpg


am3:55にヘッドライトを頼りに出発
爆裂火口付近で空が明るくなり始める。



b0229187_16522154.jpg


太陽があらわれる。
それにしても美しい!
b0229187_14234527.jpg

b0229187_14241847.jpg

b0229187_14243720.jpg

b0229187_14245869.jpg



b0229187_16544148.jpg


朝日に照らされながら歩く


b0229187_14252811.jpg

b0229187_1657329.jpg


日もすっかり登り、その後もずっと雲海が広がる



b0229187_16584745.jpg


遠くにそびえる富士山と赤岳と放尿バルブ全開のhru_hike氏


b0229187_14254783.jpg

b0229187_1713967.jpg


赤岳展望荘



b0229187_1753210.jpg


地蔵の頭に荷物をデポして今年二度目の赤岳山頂へ。



b0229187_1782647.jpg


山頂からの眺め
行者小屋と赤岳鉱泉が小さく見える



b0229187_17113341.jpg


この撮影2秒後に凄まじいヘリの爆風に襲われた。



b0229187_17162174.jpg


川で休憩


b0229187_1426654.jpg

b0229187_17175150.jpg


美濃戸に無事下山。
左からhru_hike氏、ケンタロウ氏、hariypro氏、で一番右が僕。





b0229187_1619141.png


0910美濃戸―赤岳鉱泉―赤岩の頭―オーレン小屋
0911 オーレン小屋―夏沢峠―硫黄岳(爆裂火口)―横岳―地蔵尾根―赤岳ピストンー地蔵尾根ー行者小屋―美濃戸
距離18.2km
獲得標高
上り:1745m
下り:1738m
[PR]
# by hemingway55 | 2011-09-11 20:23 | Hiking

Patagonia


180°SOUTHを見た時よりもこの映像の方がパタゴニアの素晴らしさが伝わってきた。
いつか必ず行きたい場所Patagonia
[PR]
# by hemingway55 | 2011-09-03 00:07 | Lifelog

奥武蔵 伊豆ヶ岳縦走


夏の最後にソロで奥武蔵の伊豆ヶ岳を縦走してきた。今回は正丸峠のプチツーリングも兼ねてバイク移動を選択。正丸駅にバイクをとめて出発。正丸駅~伊豆ケ岳~子の権現~吾野駅。距離はだいたい15kmくらい。都心から短時間で、しかも安上がりでこれるトレーニングルートとしてはいいと思う。何気にグングン登ったり、男坂には鎖場とかもあるので、初心者にはいい山かも。ただ景色もほとんどない薄暗い樹林帯なので景色がすばらしいハイクを求めてる人にはあんまりおすすめのルートではないと思う。
v
b0229187_042576.jpg


伊豆ヶ岳山頂なんだけど山頂っぽくない感じ。
セルフで撮影。
このルートでハイカーに会う事は今までほとんどなくて、今回もトレイルランナー2人にあっただけ。
ガスっていて視界もほぼゼロ。
b0229187_0491260.jpg


ガスも晴れて少し明るくなってきた縦走路
b0229187_051118.jpg


子の権現 天龍寺
ハラが減ったのでここで昼飯。
b0229187_056860.jpg


カップヌードルごはん
本来は水から電子レンジを使ってもどす物だけど、ハイクに持って行って湯でもどして食べても特に問題はなかった。尾西のアルファ米には劣るけど安いのでオッケー。けど、ペッパーが効きすぎて最後の方は味が全くわからなかった。
b0229187_132542.jpg


湯沸かし中。
何気に泥だらけ。
b0229187_173775.jpg


ハラが満たされたので下山
このルートは普通に歩いてだいたい食事入れて4時間位。
b0229187_1102457.jpg


吾野駅
バイクの置いてある正丸駅まで2駅戻る。
b0229187_11246100.jpg


距離15km
獲得標高
上り:851m
下り:965m
[PR]
# by hemingway55 | 2011-09-02 01:14 | Hiking